電力小売り 川重商事、関電管内で事業参入へ

川崎重工業の子会社で機械などを扱う商社、川重商事(神戸市中央区)は17日、4月から関西電力管内で、電力小売り事業に本格参入することを明らかにした。中小規模の工場やオフィスビル、店舗を対象に年間の電気料金を現行より最大3割安くし、関電などからの切り替えを促す。同社は、川重が7割を出資しており、昨年7月に関東で電力小売り事業を始めた。

4月から関西でも本格参入する。大規模工場の自家発電設備から余った電力を買い取るほか、電力卸売市場からも調達。それを中小企業などに供給する。  現在、電力事業の営業担当者を神戸に1人、東京に3人配置。4月からは、機械などを扱う全社の営業担当約200人も、取引先に電力事業を売り込む体制を整える。同事業に新規参入する電力会社(新電力)は増え続け、関西でもシェアが1割を超えた。

ただ、各社とも営業体制が追いつかない状況とされる。川重商事は営業担当を動員して約5千社の既存取引先を対象に開拓を進める。  昨年5月には、関西を含めて電力需給を調整するための拠点「需給センター」を東京に開設。4月から自由化される一般家庭向けは当面取り扱わないが、年内に首都圏を含め約100社、1万キロワットの契約を目指す。

2016/2/18 07:20神戸新聞NEXTより

掲載記事はこちらから
新聞記事はこちらから  

今まで、新電力に断られることの多かった、病院・工場・ホテル・大規模商業施設他、負荷率が高く断られてしまったという経験のある企業様にも弊社は対応可能な場合が多くございます。是非お見積りをご依頼ください。

詳しい情報をお聞きになりたい方はお気軽にお問い合わせください
お客様窓口
0120-123210
フリーダイヤル受付時間:平日9:00〜17:00
WEBお見積・お問い合わせはこちら
Copyright©KAWASAKI TRADING CO.,LTD ALLRights Reserved.